入居率96%の秘訣お教えします

空室で困っていませんか?

お困りであれば一度ご相談ください

賃貸経営では
いろんな悩みがあると思います

  • 空室が続いている
  • 契約・更新等の手続きが面倒
  • 部屋の設備の不具合・管理が大変
  • 退去後のリフォームが大変
  • 家賃の滞納がある
  • 入居者とのトラブル・苦情がたえない
  • 長期間の安定収入を確保したい
  • 入居率をアップしたい
  • etc...
image photo

空室が続いている
悩みを抱えているオーナー様へ

■空室対策

賃貸物件の入居率を高めることはそれだけ安定した収益を得ることにもつながりますし、オーナーや管理会社にとってはそれ自体が最終目標とも言えます。
入居率が高いということはそれだけ空室が少ないということです。
では、空室を減らすために行わなければならないこととはなんでしょうか。
空室を減らすためには大きく分けて

入居者を増やす
退去者を減らす
の2点に分かれます。

この2つの観点から、入居率を高めるのに有効な方法をいくつかご紹介します。

一体型にこだわらない!
仲介店舗への積極的な客付依頼


賃貸物件の管理会社というのは、仲介店舗も自社で管理する一体型の会社が大半です。
しかし、一体型の管理会社というのは客付活動までワンストップで行える反面、人的資源が量的にも質的にも限られてしまい、どうしてもその活動に限界が出てきます。
客付活動には電話、メール(FAX)、訪問、サイトの不動産物件情報更新などがありますが、言わずもがな、この中で最大の効果があるのは直接対話できる訪問です。
他の客付活動が主に待ちの姿勢であるのに対して、訪問は行えば行った分だけ新規の入居希望者を得ることが可能ですから、一体型の管理にこだわらずにそれを行う仲介店舗のネットワークを拡大することが一番です。

いつの時代も人間関係!
仲介店舗の営業担当と懇意になる


仲介店舗に客付依頼を行ったからと言って、そこの営業担当から入居希望者に物件を紹介してもらわなければ入居者の増加につながりません。 そのためには彼らとの関係を築くことが重要です。
彼らは客付依頼で舞い込んだ膨大な物件を日々目にしていますが、だからといってただ機械的に対応しているわけではありません。
そこは人間ですから、日頃から好印象な管理会社の物件から優先的に入居希望者へ進めたくなるものです。
それを重視する管理会社は、広告料を仲介業者へインセンティブとして還元したり、日ごろからコンペを開いたりして積極的に仲介業者と関わっているのです。

入居者第一!
客層のニーズに合った部屋作り


前述のように可能な限り客付活動を拡大しても、最後に入居の決断を下すのは入居希望者です。
そして入居希望者は内覧での印象を最も重視します。
内覧時に部屋の整備が行き届いていなかったり、ニーズにマッチしていなかったりすると悪印象を抱いてしまいます。
汚れや破損、独特の部屋臭などを解消するのは当然として、ニーズに応えるには大規模な施工が必要になってきます。
そうした施工で確実に入居率向上につなげるには専門業者に依頼するのが一番です。
例えば、弊社で行っているサービス「匠リフォーム」は、入居率UP、入居者増加に主眼を置いており、既設家具の除去やクロスの張り替えなど、流行や入居者のニーズに合わせた大がかりなリフォームで96%という高い入居率を誇る実績があります。
こうしたリフォームによる賃貸物件の抜本的な改革は、入居率を高めるだけでなく、その後長く住んでもらう可能性も大きくなるので退去防止にも大変効果的です
さて、ここまで入居率向上のための方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
今まで定期的な清掃や家賃の値下げなど基本的な賃貸管理に目がいきがちだった方は、前述の収益向上のためにも、オーナー様の不安解消のためにも、空き室をつくらないための投資を始めてみてはいかがでしょうか?


入居率96%の理由 匠リフォーム×リードエイジの集客力

賃貸経営で一番重要なことは、信頼できる管理会社に任せるという事。
当社は賃貸経営専門の会社で、
賃貸不動産経営管理士による万全なサポート体制を構築しております。

空室や滞納など、賃貸経営に関するご相談をお待ちしております。
この機会に、是非当社に管理をお任せ頂きますようお願い申し上げます。

相談無料!

CONTACT

0120-939-949

営業時間/平日10:00〜18:30 土・日・祝10:00〜17:00
定休日/水曜日

LEAD AGE 大阪LEAD AGE 沖縄琉球ゴールデンキングスオフィシャルスポンサー
大阪の社長TV 日本賃貸住宅管理協会に加盟しています 外国人生活支援ポータルサイト エポスカードの家賃保証 SWJ